ヴェルヴェットコードの最強パーティーは?編成のコツやオススメ編成例を解説!

今回は、ヴェルヴェットコードでのパーティー編成について、コツやオススメ編成例など、詳しく解説していきたいと思います。

 

↓記事の内容は大まかにこんな感じ↓

1.パーティー編成のコツ

2.オススメの編成例

 

それでは早速見ていきましょう!

 
オススメPCゲーム♪
本格ファンタジーRPGの「RAID SHADOW LEGENDS」がPCで遊べる! 
 
FFのアクティブタイム風バトルを採用した3DRPG!

アメコミ風のキャラを集めてファンタジー世界を冒険します。

バトルはフルオートかつ倍速が設定でき、ゲームの進行によって得られるキャラやボーナス報酬も多いのでテンポ良く進められますよ。

PCだとすぐに遊び始める事が出来るので、一度遊んでみてください!

 
ここから記事本編です!
 

ヴェルヴェットコード パーティ編成のコツ

ゲームを攻略する上で大切なのがパーティー編成ですよね!

ここでは、ヴェルコでのパーティー編成のやり方やちょっとしたコツをお話ししていきたいと思います。

パーティー編成のやり方

ヴェルヴェットコードの編成

ヴェルコでは、ホーム画面の「編成」「出撃」の際に編成が可能です。

部隊は4つまで登録できますが、同じ艦霊は同時に1つの部隊にしか編成できないため、ほかの部隊に編成すると前に編成していた部隊からはいなくなります。

前に出て働く「主力」を3人と、味方を助ける「支援」を3人編成した計6人編成で、「主力」艦霊は「通常スキル」「必殺スキル」、「支援」艦霊は「支援スキル」を使って戦いますので、主力で戦うのに長けた艦霊もいれば、支援スキルが優秀な艦霊もいるので、編成の際にはスキルを確認しておきましょう!

また、「出撃」する際に、敵の情報が確認しながら、必要であれば編成を見直すようにしましょう!

パーティーには空母か軽母を編成しよう

ヴェルヴェットコードのパーティーステータスステータス

ヴェルコでは「索敵」と「制空数値」が敵より高いと、戦闘が有利に進みます。

「索敵」は味方の命中率+10%、敵の命中率-10%

「制空数値」は航空ダメージ+10%、命中値+10%

の補正が入ります。

上記のことから、パーティーを編成する際には、「索敵と制空数値を高く編成した方がいい」ということになります。

特に空母や軽母は索敵ステータスや航空ステータスが高いので、最低でも1体はパーティーに編成しておくといいでしょう!

ヴェルヴェットコードの索敵等

なお、「推奨索敵」と「推奨制空」の数値は、戦闘には入る前に確認ができます。

(白文字が推奨値、緑が実際のパーティーの数値です。)

※ここで推奨より低い数値の場合は、一旦編成を見直すのをオススメします。

旗艦スキルにあったキャラを編成しよう

ヴェルヴェットコードの旗艦スキル

艦霊は一人一人「旗艦スキル」を持っています。

旗艦スキルは1パーティーごとに1人設定することが可能で、旗艦スキルにあったキャラクターを編成することでより強力なパーティーを作ることができます。

例えば、八咫所属に対してダメージ補正が付与される旗艦スキルなら、八咫でパーティーを固めたり、戦艦に対してなら戦艦で固めるなどです!

所属や艦種に縛りのない旗艦スキルや敵に対して補正の入るものもありますので、自分の所持している艦霊の旗艦スキルを確認しておいて、ダンジョンにあった旗艦スキルを設定しましょう!

絆スキルを持ったキャラクターを編成しよう

ヴェルヴェットコードコードの絆スキル

艦霊の中には、特定の艦霊との「絆スキル」を持っているものがいます。

「絆スキル」は戦闘中1回しか発動できませんが、とても強力なのでできる限りパーティーに編成していきましょう!

ヴェルヴェットコードコードの絆スキル

なお、絆スキルをもっている艦霊は、詳細画面で「絆」の文字があります。

ヴェルヴェットコードコードの絆スキル

また、編成する際に、どの艦霊を編成すれば絆スキルが発動するか、イラストで示してくれているので、参考にしましょう。

ヴェルヴェットコードの絆スキル

「絆スキル」を持った艦霊同士は、編成の中で主力に隣同士で編成することで力を発揮することができます。↑

ヴェルヴェットコードの絆スキル離れて編成しまうとスキルが発動しませんので、注意して編成するようにしましょう。↑

(絆スキルが発動できている場合、艦霊に緑の枠がつき、<絆スキル>という文字が表示されます。)

ヴェルヴェットコード オススメパーティー編成例

ここまでは編成のコツを見てきたところで、具体的な編成例を紹介していきます!

できるだけ、入手難易度が高くないキャラクターで組んでみましたが、一部SSRキャラクターはリセマラで手に入れておくと、序盤からより強い編成ができると思います。

あくまで編成例なので、ご自身の所持している艦霊と見比べて、代用できそうな部分は変更してみてください!

パーティー編成例① 八咫パーティー

<<主力>>

赤城・加賀・雪風

ヴェルヴェットコードコードの編成例

<<支援>>

陸奥・長門・吹雪

ヴェルヴェットコードコードの編成例

★オススメポイント★

・八咫は所属しているキャラクターの数が多く揃えやすいため、旗艦スキルに合わせやすい。

赤城と加賀の絆スキルがだけでなく、陸奥と長門の絆スキルも優秀!夜戦などで空母が使えないシーンでも戦艦2人の絆スキルでカバーできる!

長門のスキルは八咫所属が集まった編成だと味方のステータスを強化する能力がある。

・吹雪は序盤から入手できるので育成がしやすく、範囲攻撃なので雑魚処理に最適

夜戦以外ではこのパーティーが安定感もあり、特にオススメ!

パーティー編成例② 無課金パーティー(リセマラ前提)

<<主力>>

長門・陸奥・雪風

ヴェルヴェットコードコードの編成例

<<支援>>

吹雪・エセックス・飛鷹

ヴェルヴェットコードコードの編成例

★オススメポイント★

・リセマラでエセックスを入手すれば、ほかは配布などで比較的簡単に入手できる。

長門、陸奥の絆スキルが優秀

・吹雪は序盤から手に入り育成が進めやすく、範囲攻撃で雑魚処理に最適

エセックスの支援スキルで敵の対空ダメージ補正を下げることができ、対空母戦で特に力を発揮できる。

飛鷹の支援スキルは艦種の縛りがないため、どの艦霊に対しても支援が可能

※このパーティーは長門や陸奥が手に入る3−10くらいまでは「日向」「伊勢」の姉妹艦霊での代用が可能です!日向と伊勢の絆スキルも優秀なので、長門と陸奥が入手できるまでの繋ぎとして活用していきましょう!

※リセマラをしない場合は、エセックスのところを空母か軽母の艦霊にするとより安定したパーティーになります。

 
オススメPCゲーム♪
本格ファンタジーRPGの「RAID SHADOW LEGENDS」がPCで遊べる! 
 
FFのアクティブタイム風バトルを採用した3DRPG!

アメコミ風のキャラを集めてファンタジー世界を冒険します。

バトルはフルオートかつ倍速が設定でき、ゲームの進行によって得られるキャラやボーナス報酬も多いのでテンポ良く進められますよ。

PCだとすぐに遊び始める事が出来るので、一度遊んでみてください!



まとめ

今回は、ヴェルヴェットコードでのパーティー編成についていろいろとお話ししてきました!

 

ヴェルコは序盤から優秀なキャラクターが配布などで手に入るので、ガチャに頼らずとも優秀なパーティーを組むことが可能です。

レアリティーが低いキャラクターでも、「旗艦スキル」「支援スキル」が優秀な艦霊もいるので、スキルをちゃんと確認して、編成していきましょう!

 

また、絆スキルは特定の艦霊のみが使える特殊かつ強力なスキルです。

配布で序盤に手に入る「日向&伊勢」を使いながら、のちに配布やミッションで手に入る「長門&陸奥」を目指していきましょう!

日向と伊勢も十分優秀なので長門たちが手に入るまでのストーリーの戦闘は十分力を発揮してくれますよ!

 

リセマラする方は、加賀を狙って、こちらもミッションで手に入る赤城との優秀な絆スキルを狙うのもオススメです!

 

編成の仕方に迷っているという方は、ぜひ編成例を参考にしてもらって、自分の持っている艦霊と照らし合わせながら、下記の要素に注意しながら艦種やスキルが似通ったキャラクターに配置換えしてみてくださいね!

 

<<パーティー編成のコツまとめ>>

①空母・軽母を最低1体編成

②旗艦スキルにあった艦霊を編成

③絆スキルを持った艦霊を編成

 

序盤は上記要素を守っていれば、キャラクターの育成をそこまでしていなくても、大体の戦闘を有利に戦うことができます。

(私自身、無課金編成でメインストーリー6まではクリアできました!!)

↑正直ストーリーを読みたくて育成は後回しにしてました(汗)

 

ただし、後半に進むに従って、上記の編成方法に加えて、キャラクターの育成なども大きく関わってきますので、よかったら「キャラクター育成方法など」について書いた記事も参考にしてみてくださいね!

 

 
オススメPCゲーム♪
本格ファンタジーRPGの「RAID SHADOW LEGENDS」がPCで遊べる! 
 
FFのアクティブタイム風バトルを採用した3DRPG!

アメコミ風のキャラを集めてファンタジー世界を冒険します。

バトルはフルオートかつ倍速が設定でき、ゲームの進行によって得られるキャラやボーナス報酬も多いのでテンポ良く進められますよ。

PCだとすぐに遊び始める事が出来るので、一度遊んでみてください!





おすすめの記事